作品詳細

活弁ライブvol.30『番場の忠太郎 瞼の母』

公開日
2022年01月30日

ストーリーと解説

瞼の母と聞いて「あぁ、知ってる。」という人もずいぶん減ったことでしょう。
浪曲や演歌でもおなじみですが、実はこんなお話。と、今回知って頂けます。
江州番場宿の忠太郎、五才の時に生き別れた母を求めて江戸へ。
方々探し回ったある日、とうとう料亭水熊の女将が母ではないかと訪ねていくのだが……あぁ、義理人情の物語。一体どうして瞼の母なのか……はご覧頂いてのお楽しみ。股旅物の第一人者、長谷川伸の傑作戯曲を、若き稲垣浩監督(「無法松の一生」「宮本武蔵」等)が初の映画化。剣戟シーンは少ないものの「小鳥も木の葉も演技している」と評された画面構成は見事。ともかくイケメンの片岡千恵蔵、女将おはまが当たり役となった常盤操子の演技、まだあどけない娘役の山田五十鈴もみどころです。

キャスト
監督
製作国
本編時間 72分
字幕・吹替 その他
備考 2022年1月30日(日)限定上映
OSシネマズ神戸ハーバーランド

上映スケジュール

※インターネットではご鑑賞日の3日前から上映開始30分前までチケットのご購入が可能です。
※兵庫県青少年愛護条例により23時以降に上映が終了する作品は18歳未満のお客様は保護者同伴であってもご入場頂けません。

現在上映予定はありません。

レイティングシステム(年齢制限)について

【PG12】12歳未満の年少者には親又は保護者の助言・指導が必要です。
【R15+】15歳以上の方がご鑑賞いただけます。
【R18+】18歳以上の方がご鑑賞いただけます。

  • …販売中
  • …残りわずか
  • …WEB販売対象外
  • …窓口販売のみ
  • …レイトショー

現在上映予定はありません。

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとあいうえおかきくけこさしすせそたちつてとあいうえおかきくけこさしすせそたちつてとあいうえおかきくけこさしすせそたちつてと

OK

23時以降に終了する作品につきましては、
18歳未満の方は保護者同伴であっても
ご入場いただけません。

OK